高知県でなければならトライ食品

高知県で必ず食べたい食べ物と飲み物

農業と海の幸のおかげで、日本の南西部にある高知県は、最高の食べ物と飲み物の最高の目的地になっています。以前は土佐料理として知られていましたが、試していただきたい 8 つの伝統的な食べ物と飲み物をご

  1. ぜひ

紹介します。鯛は、日本のお祝いのシンボルとして特別な行事によく使われます。

  1. 鍋焼きラーメンぶり焼きラーメン

代表的なラーメンは丼、高知では鍋。スープのベースは鶏がらスープと醤油。玉子麺、かまぼこ、ねぎ、生卵が添えられています。材料を沸騰させた後、鍋はテーブルに熱くなります。

  1. Ice Crin

アイスクリームとかき氷のクロス、これは日本の昔ながらのアイスクリームです。アイスクリームやかき氷よりもコクがあり、コクがあります。郡内ではほとんど忘れられていますが、高知では今でも人気があります。

  1. Kのタタキ

高知県を代表する郷土料理です。カツオやカツオの直火焼きです。外側は焼かれ、中央はまれです。魚は厚切りに切り、醤油または海塩をまぶしたもの。付け合わせには、スライスした生玉ねぎ、わさび、ねぎ、生姜が使われています。

  1. ハモは

ハモで、伝統的な京料理で人気があります。高知では、獲れたての骨を取り除き、ポーチに入れたものを使用しています。タレは梅を使ったタレ。

  1. うつぼウツボを

からあげ 一口大に切った柔らかく揚げたものです。揚げる前に天ぷらの衣に浸していただくのもお召し上がり方です。

  1. 土佐文旦

土佐文旦は柑橘ザボンの一種。 10月から4月にかけて大きくなることがあります。この果物は日本の他の地域では育てることができません。土佐文旦は生のまま、ゼリーやジャム、飴などにしてお召し上がりいただけます。 

  1. ゆず

ゆずはレモンのような甘くて柑橘系の果物です。喉の渇きを潤すのに最適で、ソーダ、ビール、カクテルに使用できます。ここ土佐野河内では、自家栽培のゆずを栽培しています。 

土佐野河内で食材を買う 土

佐野河内は町で一番安い価格です。旬の野菜や果物のほか、生姜、ゆず、カツオなどの加工食品も取り揃えています。

分かりやすいので説明を気にせずご来店頂けます。駒込駅南口のソメイヨシノ、桜の里にあります。 2011年に最初にオープンして以来、1インチも動かしていません。

販売している商品の詳細については、お気軽にウェブサイトをご覧ください。無料なので料金は一切かかりません。また、当社の Web サイトに掲載されている製品は実店舗でも販売されているため、失望することはありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Theme: Overlay by Kaira
copyright©2021 tosanokouchi all rights reserved.